電車の運転手のコスプレってどうするの?

dennsya

電車の運転手さんの特徴といえば、制服ですよね。

とはいえ、本物の鉄道会社の制服を手に入れるにはどうすれば・・・?
当然お店では売ってないですし、鉄道会社に問いあわせても販売してくれません。

電車の運転手さんの制服

インターネットオークションで、鉄道会社の制服が出品されていることがあります。

今使用されているデザインではなく、以前の古いデザインのものであれば比較的手に入りやすいと思います。

あとは、鉄道関係のグッズを取り扱っているお店に行って、手に入れるのもよいと思います。

最近では本物っぽいレプリカを販売しているところもありますので、気軽に楽しみたい人から本物志向の人まで幅広く楽しむことができますよ。

コスプレの醍醐味

制服が手に入って、実際着てみたらもうそれだけで満足しちゃう人がほとんどだと思いますが、
コスプレの醍醐味は「キャラになりきる事」です!

まずは検索サイトなどで「電車 前面展望 動画」というキーワードで検索してみてください。

すると運転手さんの視点からみた電車の動画がたくさんアップロードされています。

自分が普段乗っている路線や、景色がきれいなローカル線、ものすごいスピードで駆け抜けていく
新幹線だってあります。

中には実際に運転手さんが行っている確認の声や仕草が写っているものもあります。

「出発進行!!」

運転手さんの声にあわせて自分も一緒にやってみたり、声をだしてみたりすることで見た目も気分も
本物の運転手さんになっちゃいましょう。

なりきったら記念に一枚

コスプレといえばキャラになりきった自分の写真を撮ることも、楽しみの一つです。

カメラに向かってかっこよくポーズを決めて、最高の一枚を残したいですね。

そのためには本物の運転士さんがどんな感じなのか知る必要があります。

電車の先頭車両に乗ると運転席があるので、そこで運転手さんがどんな感じで運転をしているか
しっかりと見て、自分がコスプレをして撮影するときのポーズの参考にするのです。

本物の運転手さんのポーズで写真を撮影すれば、よりリアリティの高い一枚になること間違いなしです。

写真にもこだわろう

しかし、コスプレをして自分の部屋で撮影しても、背景が自分の部屋っていうだけでカッコよく見えなくなってしまいます。

かといって駅のホームで撮影しようとしても、本物の駅員に間違われてしまう可能性もありますし、その鉄道会社にも迷惑がかかってしまいます。

そんなときにはコスプレ撮影スタジオを借りちゃいましょう。

当然、街の写真館で撮影してもらうことも可能ですが、街の写真館では費用も高いしちょっと気恥ずかしいですよね。

コスプレ撮影スタジオとは、スペースを借りて自分たちで撮影するような感じの場所なので、三脚とカメラを持っていって自分で撮影したり、お友達にお願いして写真を撮ってもらったりしましょう。

これならカッコイイ一枚をきっと残せるはずです。

どうしても撮影場所が用意できない人も、あきらめちゃいけません!

最近では画像加工ソフトが進化して誰でも簡単に使えるソフトが発売されていたり、画像加工用のスマートフォン
アプリも登場しています。

これがあれば、電車の運転席の画像と、あなたのコスプレした写真を合成すれば、あなたが本物の運転手になったかのような写真が完成しちゃいます!

この時にひとつだけ注意したいのが、自分の写真を撮影するときに必ず白い壁を背景にして撮影することです。

そうしないと、加工をするときに背景も一緒になった写真になってしまうからです。

いろんなポーズで撮影して、それを本物の電車の写真と組み合わせてカッコイイ写真を作っちゃいましょう。

これであなたも電車の運転手さんになりきれること間違いなしですね!さっそこれから電車の運転手さんのコスプレしちゃいましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする